テレビ観戦以外でボクシングを楽しむ方法

現在、日本のボクシング界は複数の世界王者が存在しており、テレビ中継なども盛んにおこなわれている状況で、ファンにとっては楽しい日々が送れています。

ボクサー

ボクシングの対戦の中でも、観戦していて興奮するのは、やはりチャンピオンベルトが掛かった世界タイトルマッチでしょう。
この一試合で世界チャンピオンの状況が変わるとなると、見ている方も自然に力が入りご贔屓の選手に対する熱の入れようも上がるものです。家庭でテレビでの観戦も、もちろん楽しいのですが、都市部にお住いの方には近くのスポーツバーでの観戦をおすすめします。

バンテージ グローブ

自宅のテレビよりも大きなスクリーンと音響で、ボクシングだけに集中することが出来、さらにはアルコールも飲むことが出来ます。
「自分だけの時間、ビールを飲みながらじっくりと楽しむ」
そこでは好きな選手のタイトルマッチが大画面で放送されている。心が満たされてくること間違いなしです。もっと良いのは、同じ空間に同じ目的で集っている他のファンがいるということ。
時間と空間を共有する同士として、試合後にやはりビールを飲みながら互いに感想を語り合い、余韻を楽しむことまでできます。

ノックアウトで好きな選手が防衛を果たしたときなど、心身共に癒されます。

ボクシングの判定勝ちでどうやって決まるの?

相手を一撃でKOすることで勝利が決まるボクシング。しかし一定ラウンド行っても勝利が決まらなかった場合判定で勝利が決まります。しかし、その判定でどうやって決まるのかご存知ではない方も多いのではないでしょうか?

ボクサーとセコンド

プロボクシングの場合、判定方法は10点満点で行われます。ラウンド内で互角だった場合は10対10、どちらかが優位にラウンドを進めていた場合は10対9といった場合に不利になればなるほど得点が減っていく減点方式を採用しています。

判定基準は大きく分けて4つあり、どちらがラウンド内で有効打を与えたか示すクリーンヒット、どれだけ積極的に攻撃を仕掛けたか示すアグレッシブ、どれだけ相手の攻撃を防いだかを示すディフェンス、試合の主導権をどれだけ握ったかを示すリング・ジェネラルシップがあります。
これらの要素はおおむねクリーンヒット、アグレッシブ、ディフェンス、リング・ジェネラルシップの順に高く評価されます。
ただし、一方は軽いクリーンヒットを重ねたが、もう一人が積極的に攻めて主導権を握っていたなど形成判断がわかりにくかった場合は、審判の主観に任せられることになります。

ボクシングの判定結果を見ればその試合がどのような試合だったのか類推ことができるので、新聞などボクシングの結果が出た際は判定結果を見るとより楽しめますよ。

リング