狭き門!激しいボクシングのヘビー級

ボクシングには数多くの階級がありますが、その中でもウェイトがもっとも大きいヘビー級には独自の魅力があります。それはウェイトの上限がないことで減量によるスタミナの低下の影響を受けないこと、恵まれた長身からの打撃が高威力で試合の見ごたえがあることです。

ヘビー級は狭き門

ヘビー級に最低限必要なウェイトは約90キロとなっており、ボクシングに必要な足さばきができる脂肪の量などを維持するのは大変です。
才能とも言える恵まれた身長と筋肉の付きやすい体とパンチ力とボクサーになりたいという意思が必要なため、ヘビー級は全階級の中でも狭い門となっています。

特に日本人でヘビー級になれる身長の選手は少なく、ボクシング界でヘビー級の選手は天から授かった才能により特別感があります。ボクシングでチャンピオンになることは名声と富が得られることであり誰にでも誇れることですが、その中でもヘビー級でチャンピオンになることは世界最強の称号を得ることでもあるため、その注目度は特に高いものとなっています。

世界最強を夢見るヘビー級選手のハングリー精神は非常に強く、より強い体を作りたい、より強いパンチ力を持ちたいという思いでのトレーニングにより、試合内容は非常に激しいものとなっています。